生活習慣と夜更かし

夜更かしがうつ病の原因

考える男性

夜更かしがうつ病の原因となることについて考察いたします。 うつ病の原因の一つには、夜更かしがあると言われています。 夜更かしすることで、昼夜逆転の生活になると、脳内のセロトニンの分泌が不足します。 セロトニンは朝起きて太陽を浴びることで分泌が促されるといわれます。昼夜逆転生活になると、それがなくなるので、セロトニンの分泌が不足するのです。 セロトニンが不足すると、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌が不安定になり、精神的に不安定になるばかりでなく、トリプトファンという物質との結びつきも不安定になるため、身体的影響も出てきます。 昼夜逆転生活が常態化することで、心身ともに疲弊していき、不健康な生活が、人生のパフォーマンス低下を招く危険性があります。

規則正しく生活すること

人間は規則正しく生活することで、健康を保てるように出来ています。 朝起きることにも、日光を浴びることにも、それぞれの役割があるのです。だからこそ人は夜に眠るのです。 昼夜逆転生活をしている人は、可能な限り、生活のリズムを元に戻すことが求められるでしょう。不規則な生活や、夜型生活の常態化は、それ自体がうつ病の原因にもなりますし、人生のパフォーマンス低下を招く結果にもなりかねません。 長年の習慣を変えることは一朝一夕とはいきませんが、少しずつ変えていくことで、心身の健康だけでなく、人生そのものが好転していくことでしょう。 仕事の関係で夜に活動する必要がある人は、少なくとも日光をたくさん浴びてから眠るようにすると良いでしょう。そうすることで体内時計をリセットし、身体の規則性を保つことが可能となるでしょう。 夜更かしがうつ病の原因となることについての考察でした。

うつ病の原因となる映像

インターネット社会に生きる我々は、以前よりも残虐な映像に触れる機会が増えています。 世界の現実を、家にいながら、目の当たりに出来るようになりました。そこから人々の中に問題意識が生まれ、良い知恵が出され、議論が重ねられることで、正しい民主主義のあり方を実感しやすい時代にもなりました。その反面、現実の厳しさ、世界的現実の非現実性に触れる機会も増えています。 世界の現実とは、実に厳しいものです。生きながら焼かれたり、首を斬られる運命にある人が、本当に存在するのだということは、インターネット以前は思いもよらないことでした。 今はそれらの情報の蓄積が、うつ病の原因となるケースが増えているのです。 それはどういうことか、次項で検証いたします。

負の情報の蓄積は危険

インターネットを通して負の情報を蓄積してしまうと、それが個人のトラウマやPTSDに発展し、うつ病の原因となるケースがあります。 負の情報とは、戦争の残虐映像に加え、匿名同士の醜い罵り合いや、ネットいじめ、などをさします。 それらがうつ病の原因となっている場合、難しい問題が発生してしまいます。インターネットを利用する以上、その情報は自動的に消えることはなく、ずっとネット上に残り続けるということです。本人が意識的にその情報を見ないようにしても、他の人の目に触れて、それが一般知として認識されるようになると、いつまでも忘れらないということになります。そうなると、いつかは本人もその内容に触れなければならなくなり、そのような不安を抱えて生きる必要性に迫られることになるのです。 インターネットはうつ病の原因になりえることについて考察いたしました。

考える女性

戦争が与える惨禍

戦争やテロリストの残虐映像を見ることは、精神衛生上よくないばかりか、自分や社会全体にカオスを巻き込み、混乱を招く結果となる可能性があります。なるべく避けながら生活すると、うつ病の原因の一つを取り除くことが可能となります。

画像が問題を生む

顎をつく男性

うつ病の原因となる画像、残虐画像や猥褻画像が、インターネットにあふれていますが、それらは今後も増え続けます。未来に生きる人は、それらと対峙しなければならないため、ITリテラシー教育の整備が必要不可欠といえるでしょう。

詳細▼

新しい刺激を得る

カウンセリング

うつ病の原因を取り除くよりも大切なこと、それは新しいことを始めてみるということです。そのようにして前を向きながら、知的好奇心を刺激するのが大切です。小さなこと、効果が実感できることから始めるのが良いでしょう。

詳細▼

忘れることが大切

頭を抱える女性

うつ病の原因を忘れること、それは前を向くということです。前を向くのに良いのは、新しい事を始めてみるということです。小さなことから始めてみて、慣れてきたら大きなことへと転換しましょう。社会的な目標を据えることも大切です。

詳細▼

原因解決の期待

笑顔

うつと遺伝的素因の研究は、これからますます加速するでしょう。うつ病になる原因が解明される可能性も低くありません。現在では周囲の助けが特に重要ですから、解明されるまでは特にサポートの方法を知るのが大切です。

詳細▼