原因解決の期待

うつと遺伝的素因の研究

笑顔

うつ病が発症する原因は、ストレスと言われることが多いですが、ストレスと言っても色々あります。急な環境の変化や身体的ダメージが引き金となって、うつになる人が多いと言われています。 しかし、うつになる原因はストレスだけとは限りません。遺伝的な素因も関係していると言う研究者は多いです。親がうつ病の場合、子供も発症する可能性が高いと言う報告もあります。その発症率は約9パーセントです。9パーセントは低いと思うでしょうが、一般人がうつ病になる確率は3パーセントと言われています。それから考えるとかなり高いです。 うつと遺伝的素因の研究は、これからますます加速するでしょう。将来的に、完全に原因が解明される可能性も低くありません。

偏見を持っている人は

うつ病は以前と比べ、身近なものになりました。実際に罹患した人もいるでしょうし、周りにうつの人がいると言うことも珍しくないです。うつに対して理解ある人たちが増えましたが、中には偏見を持っている人もいます。 偏見を持つのも個人の自由ではありますが、うつ病の人は甘えているわけでも怠けているわけでもありません。それだけは頭に入れておくことです。もちろん、心が弱いからうつ病になるわけでもありません。 ですから、うつ病の人に対して甘えている、怠けているなどと直接言うのはやめましょう。それが原因で余計にこじらせてしまったと言う人もいます。偏見を持っているのは仕方ないことですが、だからと言って攻撃をしていいと言うわけではありません。